2018.3.6 ポンド円トレード解説

調子がいい時は大体どの通貨も決まりますね。

ポンドドルかポンド円かで悩みましたが、ドル円損切後だったので

ポンドドル上昇×ドル円上昇=ポンド円美味しい。

という相関でポンド円トレードです。

ポンド円に関しては決済もポンドドルやドル円なども見ながら

期待値で決済するのか?!伸ばすのか?!を見ます。

でも、やっぱりポンド円!伸びると破壊力が凄い。

相関で手が出せない時は、

これ程か!!!!と、思う程チャートが汚いのが難点ですが

トレンド発生したり、相関で美味しい時は

最高の稼ぎ頭と変身してくれるのがまさに、ポンド円様ですよね!

では、ポンド円のトレード解説へ。

 

ポンド円日足チャート

 

日足下降トレンド中。

 

ポンド円4時間足

 

朝見た時は、下降トレンド中。

現在レンジ中。

赤四角内でのレンジ想定。

 

ポンド円1時間足

 

綺麗に日足ラインでWボトム。

実際に今日はユーロに夢中のシナリオだったので

レンジブレイクしてからちゃんと見ました。

1時間足上昇トレンド中。

現在、水色ラインで止まっている状態。

(4時間足レンジ上限付近での動き。)

 

エントリーポイント

 

ネックラインを上抜けて押しを待って矢印で押し目買い。

期待値近辺で、ポンドドルが大きく急上昇。

これは、4時間レンジ上限までいく、と思い保有。

水色ライン近辺のラウンドナンバーあたりで決済。

 

ワンポイントレッスン

 

合成通貨は、相関を見ることで破壊力のある、一方的なトレンド形成の時に、トレードが出来ます。

こういうポイントだけ抑えるだけでも、月に2.300pipsはいくのではないでしょうか。

無駄に、細かくトレードするより私は、一度にゴソッと取りたい性格です。

検証中は、後付けのチャートでまずは、自分が取りたい理想形のポイントと環境を漁っていました。

そして、現実とすり合わせて、取れるポイント、取れないポイントを

仕分けしていき、こんな感じのスタイルに仕上がりました。

後は、私自身性格にムラがある気分屋なところがあるので

トレードをしたくない日もあったりするんです。

だから、チャンスは少なくても100pipsくらいは取れるポイントだけでトレードをする。

こんな自分都合のトレードスタイルになりました。

どんなに1日200pipsとか動いても気分が向かないと

トレードしない日も実はあります。

相関・ファンダメンタルズ・テクニカルの3つのポイントから

美味しいところだけ取れたらいいや。なんです。

これも、長く現役トレーダーでいる秘訣のような気もします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です