FX必殺!!相関スキャルのチャート解説

どうも、ゆかです。

今週のトレードは、パウエルさんの発言以降に、1度損切になってからはスキャルのみです!

ドル円現状、私にはよくわからなかったんですよね。

わからない時は、やらないっていう選択肢を取っていたんですが

チャートを見過ぎて相関関係のスキャルピングを覚えてからは

やれない環境の時に、スキャルピングでサクっととうスタイルにしています。

さて、さっそくチャート図

 

ドル円1時間足のチャート

 

日足の枠がオレンジ色の□です。

日足:下降トレンド中の状態

しかし、1時間足で見るとパウエルさんの発言で上昇後

トレンド継続ならず。。。黄緑の四角内に戻ってきているので

そこから、難しい。

現状日足の中の真ん中なんですよね。

たとえ、日足では売り優勢とわかっていても

こんな中途半端な位置で売りが怖くてできないあ~。と、判断。

 

私は、損切にあったとしても後悔ない場所でしかトレードをしないので

黒四角で囲ったゾーンで売りしたいんですよね!

なので、デイトレ、スイングはやらないという選択肢を取りました。

 

ユーロドル日足チャート

 

ユーロドルは現在

日足:大きなレンジの下の段そして、下限ライン

ここで止められたら買いたいです。

しかし、日足レベルのラインで1タッチで買う!なんて選択肢はないです。

自分の思った形になった時、買いたいので注意深く監視はするがすぐにトレードはしない状況。

でも、1タッチ目って瞬間的に大き目の反発しますよね?

そして、次はドル円チャートですが

トレードはしないが短期的に青●で止められていて上げていきそう。

さらに、説明は今回省きますがもう1つ根拠もありました。

 

そして、

ユーロドル重要ライン1タッチ目+ドル円直近目線は上=ユーロ円スキャルしよう!

 

ユーロ円チャートとエントリー

 

相関を確認した後は、

ユーロ円チャートを確認します。

ユーロ円日足:重要ライン近辺、下降トレンド中

重要ラインと、相関根拠で買いタイミングを待ちます。

 

エントリーポイント

 

ユーロ円1分足です。

ライン近辺で下髭つけて、小さなWボトム形成していくときに買い。

もちろん、ユーロ円単体ではトレンド中の逆張りなので

ストップは極浅で!

 

 

はいっ!成功♪

 

直近ライン付近でとっとと逃げます。

だって、逆張りスキャルですから!

+37PIPSで終わりです。

私の相関スキャルは

ポンド円で50~100PIPS

ユーロ円で30~70PIPS

結構デイトレ並みのPIPsが取れる。

そして、

スコーン!!!!!とストレスフリーなところも大好きです!

損切にあうときもスコーン!です。一瞬で終わるので楽

そして勝率がいい!

 

ワンポイントレッスン

 

トレードの仕方は色々あります♪テクニカル・ファンダメンタルズ・相関

私流のスキャルは相関で、チャンスはそんなに無いですが

ストレスがそこまで無いところ、そして勝率は相当高いところです。

1回の説明ではわからないだろうし、訓練も必要ですが!

トレードをする場面じゃない時にでも訓練してみてください。

実は、生徒さんの中でも、1人ポンド円でこれをやれる人がいるんですよね!

月に2、3度はチャンスがあるのでそこだけ取るだけでも十分ですよね!

ちなみに、去年の2月のトランプ大統領の就任演説以降手を出せずにいたころは

1か月これだけやってました!笑

クロス円を選ぶ理由は

ドル円+ドルストレートの両方が上昇or下落の時は

クロス円が1番大きく動くからです。

ちゃおっ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です