トレード記録(ドル円)

2018.2.23ドル円トレード記録。

おはようございます。

一週間が終わりました~!今週はトレードしやすい環境でしたね!

途中、ドル円は日足の戻り売りポイントでFOMCの議事録があったり

その後は、ECBの議事録があったりしましたがテクニカル分析が機能しやすい環境でした。

ドル円は週足・日足レベルでトレンド中です。

長かった週足レンジを下抜けたので目線は売り一色でした。

金曜日はドル円とユーロドルをトレードしました。

シナリオ通りの展開だったのでやりやすい相場でした。

トレード解説

 

まずは、日足の環境認識。

日足:下降トレンド中

落ちるのであれば、105.50付近まで落ちれる環境です。

4時間足:上昇トレンドが終わりレンジ中

1時間足:下降トレンドが終わりレンジ入り

こういう場面って意外と迷ったりする方が多いんですよね。

・4時間足上昇バイアスレンジ中

・1時間足は下降バイアスレンジ中

「どっちに従えばいいのか迷います。」

生徒さんからもよく質問がありますし、私自身デイトレ勉強中は

この部分をどう自分なりに答えを出そうか悩むポイントでした。

私なら、こんな時は日足に従います。

なので、今日は1時間足を優先することに決めました。

かといって、4時間足を無視するわけではありません。

4時間足のラインは意識して、そこから買いが入る可能性もある。

と、きちんと頭の中にいれてシナリオを描きます。

ならば、1時間足の下降バイアスレンジの上限から4時間足のラインまで売る。

もちろん、スッとラインを割ってくれたら嬉しいな~♪

なんて淡い期待も込めてます。だって、お金が大好きですから(笑)

しかし、欲張ってもいい環境とそうでない環境をしっかり見極めるって大切なことなので

グっと、欲しがりさんな自分の心を制御しないといけないんですよね~。

エントリーポイント

5分足でタイミングを取りました。

1:1時間足下降バイアスレンジ上限から売り。

2:4時間ラインを一旦下抜けたが戻ってきたので決済。

3:1時間足下降バイアスレンジ上限から売り。

4:週末なので4時間ラインタッチで決済。

+36pips +39pipsでドル円は終了です。

スイングシナリオの107.85売りポジションは未だ保有中。

ワンポイントレッスン

今日のような1時間足・4時間足が違う方向を向いているときは

日足の環境をしっかりと確認すること。

そして、こう言った場面では欲張らずにポイントではとっとと逃げるが吉。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です