FXレンジとトレンドを見極められないと負ける理由

 

どうも、ゆかです!

最近、現代に生まれることが出来て本当に良かった~!て思うんですよ。

実際の戦闘力はゼロなのに妄想力が高い私は

 

もし、映画みたいに戦国時代にタイムスリプしちゃったら、

 

ネット環境がない=トレードが出来ない=お金が無い=飢え

 

戦闘力ゼロの私はきっと、「華々しい武将ストーリー」なんて描けずに

 

お腹が空き過ぎて、知らない人の畑から、ジャガイモを頂戴しようとして捕まって

 

切腹させられちゃうんだろうな・・・。

 

せめて、ジャガイモ食べてから捕まりたかったな・・・。

 

なんて、考えてしまいます。

 

ああー!ネット環境があって良かった!

 

 

 

 

 

 

でも、もし北斗の拳のような時代がこれから来たらどうしよう・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

「ならば、神とも戦うまで!!」byラオウ

 

 

 

※しばらく妄想が暴走しました。

 

 

さて、今回はFXでレンジとトレンドを見極められないと負ける理由。

についてお話していきます。

 

レンジとトレンドが見極められないと負ける理由

 

押し目買い・戻り売りの手法や、

天井(底値)圏レンジ・中段保ち合い・ボックス(大きなレンジ)の手法

チャートパターン(MトップやWボトム)

呼び名と種類は他にもありますが

大きく分けて

トレンド中に使う手法レンジ中に使う手法があります。

相場には、よくわからない場所というのもあるので

様子見を使う事もあります。

そして、どの手法を使うのかを相場の環境から選ばないといけません。

と、言う事は今がトレンドなのかレンジなのか、見極められなければ手法が選べない。

イコール、トレードをするべきではない。ということになるので

そんな中で闇雲にトレードをしても負けるのは当たり前です。

そのくらい、レンジとトレンドの見極めは大切なんですね!

 

 

「ならば、神とも戦うまで!!」

 

 

なんて、私みたいに妄想が暴走すると

FXでの成功が遠のいていくだけなので妄想は、計画的に!(笑)

 

レンジとトレンド見極め方

 

一般的には、ダウ理論やインジケーターを使って見極めていきます。

ダウ理論を知らない方はまずは、ダウ理論とは何かを知ってください。

 

ダウ理論で言うところのレンジとは
高値安値を共に切り上げ切り下げをしない状態のこと。

下の画像で言うと赤の四角以降からレンジだと判断が出来ます。

実際のレンジは、上の画像のように綺麗じゃないことが多いので

昔はよく迷っていました。

上の画像より、むしろ下の画像みたいな感じのレンジの方が多い気がします。

そうなると、赤丸で切り下げた!とかで、売っちゃってました。

緑四角なんて、両方とも切り下がってるし。

そこは、ダウ+ラインで見て判断するようになってからは

改善されたので皆さんもダウ理論だけで判断せずに

水平線(ライン)も使って両方で判断してください。

 

そして、インジケーターを利用するのであれば、MAが横向きで絡み合い

ボリンジャーバンドも収縮して横向きな画像のような状態。

 

まとめ

 

インジケーターでの判断はボヤっとしてて、私は2択なら

ダウ+水平線での判断の方が好きです。

まあ・・・でも、トレンドの終わりがどこなのか

レンジの開始がどこからなのか、ちゃんとわかれば

どっちを使ってもいいと思います!

私も水平線+インジケーターで明確なトレンド終了の定義を使ってるので

一般的な判断の仕方とはちょっと違うので

わかっていればそれでいいかな?と、思います。

トレンドが終わる=転換ではなくて

トレンド終わる=レンジ

ですからね!

チャオっ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です