FXにメンタルの強さは必要ない!?

 

 

鏡の~中のマリオネ~ット♪

自分の~ために踊りな~♪

 

ドすっぴん、メガネ、髪の毛ボサボサな自分を鏡で見て、

出川哲郎かと思ったゆかです。

 

あー!ビックリした!

 

 

自分のために踊りだすところでした。

 

 

もやは、心が折れたので

 

 

「大丈夫、私は23歳で神奈川の堀北真希。」×10

 

と、必死に自分に言い聞かせて心を落ち着かせました。(笑)

 

不意打ちの鏡はメンタルに良くないわ。

 

鏡の前に立つときは前もって今の自分の姿を認識してから立つべきですね。

まさに、FXと一緒!相場の環境を認識してからトレードする!みたいな。(笑)

 

 

さて、今日はFXトレードにメンタルの強さは必要か。

に、ついてお話していきます。

その前に・・・メンタルの話ってホント、人それぞれの捉え方だと思うんですよ。

だから、私が正解ってわけではないと思います。

ただ、私はこう思っていて、実行している!って感じで読んでみてくださいね!

 

FXトレードにおいてメンタルの強さは必要ない

 

私は、FXトレードにおいてメンタルの強さって必要ないと思います。

むしろ、私自身、メンタルが強いのかそうでないのかすら、わかっていません。

いや・・・氷のようなメンタルかもしれないです。

何にもなくてもメンタルがやられていく。まるで氷が解けるように・・・。(笑)

 

友達や生徒さん達に

 

「僕(私)は、メンタルが強いですか?」

 

なんて、聞かれても何をもってメンタルが強いと判断するのか基準がわからないので困ります(汗)

 

メンタルの強さを計れる「スカウター」とかあればわかりやすいのに・・・。

 

だから、過去にFX教材やセミナーなどでメンタルの話を聞くたびに「強さ」って何だろう・・・?

と、考えたこともありました。

 

・損切にあってもなんとも思わない事?!

・機械的にトレードしろ?!

 

え?!お金が無くなるんだよ!無理だ!凹むでしょ!

 

だって、人間だもの・・・・。byみつお

 

極力、冷静を保つことはできるかもしれないけど

やっぱり、私も未だに、

自分の自信をもって入れる鉄板パターンが否定されたときは

 

「あ~あ。残念、悲しい~!」

 

て、なりますよそりゃ!悲しいものは悲しいです!

 

そして、トレードで負けるたびに、

「メンタルが強くないから!」

なんて、負けて資金を飛ばした言い訳にしたくなかったんです。

 

だって、それを認めてしまったらFXで勝ちトレーダーになれないと認める事になるので

「そんなの嫌だ!」と、抗いました。

 

そして、私はメンタルを強くしようとか考えるのを辞めた。

 

その代わりに、自分のトレードをするにあたっての性格を知ろうとしたんです。

良いところも、悪いところも含めてまずは、分析してみたんです。

 

そして、悪いところは、直そうなんて考えずに素直に受け入れてその対処方法を考えました。

 

エントリーポイントについてもそうです。

前の記事にあるこの選択をしたのも

私は、リスクリワード1:1に耐えられるメンタルが無いからFXを諦めるではなく、

 

ならば、

 

「どうやってエントリーしたら自分の心が1番楽なのか」

 

に、重点を置いて、考えました。

 

 

「私は、勝率よりも、損切が浅い方が心が楽。だからこそ、②のエントリーの仕方を徹底的に検証しよう!」

 

など、考えて実行していって、トレードでの「私のルーティン」を作っていきました。

 

※「マイルール」っていうと絶対に守らないといけないみたいで、逆に破りたくなるのでルーティンと勝手に呼んでます。トレードするときに当たり前にやる事という意味も込めて(笑)

 

ちなみに、ドンピシャな気持ちいいトレードが決まった時は

「きた!俺のターン!!!!」

など、気分が乗った時は独り言をつぶやいてます(笑)

 

だから、メンタルの強さって私はトレードに必要ないかと思います。

 

まとめ

 

メンタルの強さは必要ない。

必要なのは、自分の弱さを受け入れ対応策を考えて実行すること。

 

チャオっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です