ちゃんと成長するために(FXテクニカル検証編)

 

どうも、ゆかです。

うちのモフ丸こと福丸くんは

ご飯の前だけ「いい子」になります。

 

まるで、全校集会の時の整列のようないで立ちでおねだりをします。

 

 

 

 

 

 

でも、ご飯を食べ終わると一転本性が出ます。

 

 

 

 

 

「ああ、尊い。。。。」

 

 

今回のテーマはちゃんと成長するために。

FXの検証作業を頑張っているのだけど…

「なんか、イマイチ成長してないような気がする。」

そんな方のためのお話をしていきます。

 

 

ちゃんと成長するために

 

①検証作業のやり方が間違っていないか確認する。

②1つ1つのトレードを記録して振り返る。

③選んだ手法を使って最低300トレードはする。

④100%の勝率を求めない。

 

この4つが大切です。

 

①検証作業のやり方が間違っていないか確認する。

ここで、つまずいている人が意外にも多かったので少しお話をすると検証作業は1つずつすること。

 

・トレードで優先する時間足(日足+1時間足)や(日足+4時間足)などを決める。

・トレード手法を1つに絞る。(日足+1時間足に順張りすると決めたら、それだけをやる。)

 

と、言う風に1つだけに絞ってひたすら検証作業をすることをおススメします。

 

②1つ1つのトレードを記録して振り返る。

日々検証していく中で決めた手法のルールにちゃんと従ってトレード出来ているのか。

確認するために、記録をします。

ルール通りに出来なかった時やチャンスが来たのに入れなかった時、

「気持ちいい!」ってくらい、うまいトレードが出来た時など

全て記録として残し

「気持ちよくトレードが出来た時の相場環境を大切に記憶していきます」

これが、後の「鉄板パターン」になる可能性を秘めているからです。

 

③選んだ手法を使って最低300トレードはする。

どんな手法も最低300回くらいトレードしないと統計が取れません。

数回連続して負けた程度でこの手法は使えない。

なんて、思っていたら、ほぼ全部が使えない手法になります。

後に、その手法でのエントリーポイントも厳選して精度を上げていくものなので

すぐに、あきらめちゃダメです。

 

④100%の勝率を求めない。

 

これは、知ってはいるけど理解が出来ていない人が多いポイントです。

生徒さんの中でも、「勝率5割程度で月100pipsしか取れてないです。」

なんて、言う人もいますが

 

 

ちょっと待って!

 

 

 

たった一つの手法と1つの優先時間足で月100pipsも取れてるじゃん!

 

そこからは、精度をあげるために、

もう一つ時間足を増やして

「迷うポイントをやらない」、「鉄板パターンの時にロット調整をする」、「監視通貨を増やす」

 

 

そして、次の手法の検証をしてさらに獲得pipsを増やす。

 

 

この作業をすれば、グっと成績があがるわけなので

私からしたら

 

 

「何をおっしゃるウサギさん!めっちゃ成長してるじゃん!」

 

 

なんですよ♪

検証は1通貨ずつになるので

どうしても、獲得pipsが少なくて「こんなんじゃ、いつまでたってもお金が増えないよ!」

なんて、気落ちしてしまう方が多いのですが

実際、FXは沢山通貨がありますし

さらに言えば、手法も1つではありません。

私は、3つの手法を3つのトレードスタイルでその時の相場環境で使い分け

メインは3通貨

サブも入れると10通貨以上監視しています。

(もちろん、年に1度程度しかトレードしない通貨もありますし、FXだけではなく、ダウや日経、原油なども同じ手法でトレードしています。)

月は平均すると

500~3000pips程度取ります。

3000pipsとか取れるのは経済ショックだったり

ファンダメンタルズとテクニカルが一致する美味しいポイントが来た時だけです。

大体500~1000程度です。

だから500pipsで計算すると

メイン3通貨で

1通貨あたり

月166pipSしかとっていないんです。

1000pipsで計算しても

1通貨あたり

月332pipsしかとってないことになります。

メイン3通貨、3つの手法を使ってそれです。

 

1つのトレードスタイル・手法で月100pipsって私からするとめっちゃ凄い!なんですよ!

 

まとめ

 

ちゃんと成長するためには、トレーダーの現実を知り、

過大広告されているネット上のモノを過信せず、取り組むことです。

そして、上の手順でちゃんと検証することです。

 

チャオっ~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です